--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2008'02.27.16:48

20年ぶり

2月15日、NHKホールへ行った。マタチッチの最後のコンサートへ行ったのが最後だったから20年以上経ったことになる。N響から新日フィルへ定期会員の鞍替えしたためだったけど、デュトアで聞いておけば良かったと思っている。

「N響定期 チョン・ミュンフンのマーラー第9番」

NHKホール

寒い中、本演奏まえの室内楽でいい席を取るための行列ができていた。(バルトークの弦楽四重奏曲第4番、1,4,5楽章が演奏された)

NHKホール

この日のマーラーは4楽章がよかったな。どちらかといえば統制されたすっきりとしたマーラー。第3楽章のあとでパラパラと拍手が起きたのは困ったけど、最終楽章の後ではフライングもなく、静寂の緊張感を十分に味わうことができた。
NHKホールの音響は20年前よりはよくなっているような気が・・・・。気のせいかな。残響時間は短いし、管は飛び出て聞こえ、弦は響かない。でも音量だけは3階でもかなりなものでした。

この日の演奏は3月9日のN響アワーで放送される。放送時間からして一部だけど、どの楽章が演奏されるのかな。
スポンサーサイト
聴くトラックバック(0)  コメント(3)
2007'12.17.15:05

都響定期:マーラー交響曲第7番

12月14日、都響定期。

指揮:エリアフ・インバル
マーラー:交響曲第7番ホ短調『夜の歌』

マーラーの交響曲で唯一聴いたことのない曲だった。この長大な曲をコンサート当日初めて聴くのではせっかくの生演奏がもったいないので、CDを買って何度も「予習」。その甲斐あってマーラーを堪能できた。先月のジェイムズ・デプリーストにはちょっとがっかりしたけど、この日のインバルは良かった。CDではどんちゃん騒ぎに聞こえた最終楽章のお祭り騒ぎも、実演ではテンポが速かったせいか違和感もなくすんなり受け入れられた。なかなかいい曲ですね、7番も。明後日は6番をサントリーホールで聴く。

上野の東京文化会館。寒そうな月が冬空(右上)に。
Click image to Enlarge.
東京文化会館

お隣、国立西洋美術館では、「ガーデン・イルミネーション」実施中。前庭へは夜8時まで自由に入れます。(1月6日まで)
Click image to Enlarge.
国立西洋美術館

聴くトラックバック(0)  コメント(0)
2007'12.05.15:09

イチョウの落葉

今年は紅葉がきれいだ。黄色くなったイチョウも散っている。

近所で撮影。
イチョウ1

イチョウ2

イチョウ3

イチョウ4

志木ニュータウンの秋です。
撮るトラックバック(0)  コメント(2)
2007'11.12.17:49

富士屋ホテル・・箱根

箱根の富士屋ホテルに行ってきた。10年ほど前にメインダイニングでランチを食べたことがあったが宿泊は初めて。

部屋は「一休」で予約したDXツイン。予約時に棟は選べないが、運良く?「花御殿」に泊まれた。朝食付で2万円は安い。

花御殿はその名のとおり部屋に花の名前が付いていて、入口のドアや室内、ジュータンなどにその花の絵が描かれている。部屋のカギに付いている札?にも花の絵が描かれている。そして、その大きさが・・・。8センチ×20センチ(もっと大きいかな)ほどで、テレビのリモコンより大きい。紛失する心配は少ないけど持ち歩くにはでかすぎる。でも珍しさでマルだな。

午後4時から館内ツアーあったので参加。通常なら見学できる花御殿のスイートルームは満室のため見ることができなかった。代わって宴会場を見学した。他に資料室とメインダイニング。案内役は鈴木さん。いい声ではっきりした発声。わかりやすく楽しいツアーでした。

空いた時間に建物の内外を見て歩いたが、こんなに見所のあるホテルは他にない。廊下には古い写真が並んでいる。起伏のある庭には池や滝もある。水車や温室もある。とても全部を回ることはできない。

夕食は別館「菊華荘」で。皇室の御用邸だった建物。もともと食堂だったという「ばらの間」は畳にイスとテーブルが置かれ、会席料理をおいしくいただいた。

この古いホテルは都市型ホテルの快適さはないけれど、他では味わえない「豊かさ」がある。優雅さといった方がいいかもしれない。場所が箱根でなかったらとっくの昔に取り壊されていたと思われるほど「昔」に浸れる。昭和ではなく大正の香りか。(大正ってもちろん実感はないけど、想像で)

古いものを残していることは評価できるのだが、古さはどこかで快適さを犠牲にしているわけで・・・。ぜひ改善してほしいことをあえて書いておきたい。

○トイレはウォッシュレットに。---いまどきデパートでも水で洗えるところもあるのに。

○ペンキの剥がれや壁のひび割れ---修復すべし。あたりまえ。古くても手入れが行き届いている状態に維持してほしい。

独特の建物は外国人には受けがいいのだろうが日本人にはちょっと違和感があるのではないかな。神社とお寺を合わせたような建物に「住む」といった感じかな。神社やお寺は住む所じゃないもんね。しかも畳ではなく絨毯にテーブルとソファー、ベッド。部屋の入口は開き戸で、窓は引き戸。中央上部に明るい照明、これは和式。メインダイニングには様々な装飾が。一見和風、でも洋風。いまだに意味がわかっていない装飾もあるとか。不思議な体験でした。

【撮ってきた写真を加工】
クリックするとでかくなります。

花御殿
富士屋ホテル花御殿


水車
水車


ロビー近くの庭への出入り口には赤い丸ポスト
ポスト



秋


もみじ
もみじ

描くトラックバック(0)  コメント(4)
2007'10.23.15:53

都響の定期

お久しぶりです。

昨日は都響の定期。上野の文化会館へ行ってきた。
東京文化会館


N響、新日フィルの定期に通っていたが、今はたまに気に入ったコンサートに行っている。

昨日はオールR.シュトラウスプログラム。

指揮:金聖響
ヴィオラ:鈴木学
チェロ:アルト・ノラス
R.シュトラウス:歌劇『サロメ』より〈7つのヴェールの踊り〉
R.シュトラウス:メタモルフォーゼン TrV 290
R.シュトラウス:交響詩『ドン・キホーテ』op.35

メタモルフォーゼンは大好きな曲だ。弦だけの23人で演奏される変わった編成。ヴァイオリン10、ビオラ5、チェロ5、コントラバス3だ。数えました。

ベートーベンの『英雄』の第2楽章のテーマの切れ端が何度も登場して盛り上がり、最後の最後にはっきりとした葬送のテーマが現れて、静かに終わる。

曲が終わって、指揮者が手を前に上げたまま”静止”して数秒、いや20秒程経って拍手がパラパラっと湧きかけたが再び静寂に....。やがて静かに拍手が起こった。
いいですねぇ、最近の拍手は。昔は我先にと拍手をする人が多くて、余韻を楽しむこともできなかった。

ドンキホーテ、これはもう職人芸を楽しむ曲ですね。作曲者の才能、指揮者の腕力、チェロの技、ビオラ・・・ちょっと影が薄いかな・・・歌う楽器としての再認識。オーケストラのソロも多数。

ぴゅーぴゅーという音を発する楽器も使う。ビア樽のような丸い筒にハンドルが付いていて、それを回す。打楽器奏者が演奏する。原理的には打楽器じゃないのにね。

チェロ、よかった。最後の独奏は、高音がきれいですばらしかった。オーケストラも好演でした。コレだからR.シュトラウスはクセになるのです。

クラシックに本格的にのめり込んだのはR.シュトラウスがきっかけだった。大学の授業でニーチェの『ツァラトストラ』を読まされて、同じ題名のR.シュトラウスの曲をFMで聴き、大いに感激。テープに録音して何度も何度も聞いた。オーマンディー指揮、フィラデルフィア管だった。その後メータ/ニューヨークフィルもでてこの曲が次第にポピュラーになっていった。オーディオの創生期だった。

以来、R.シュトラウスを聞き続けている。
聴くトラックバック(0)  コメント(0)
2007'05.10.22:20

スパムを捕らえた!

メールチェックしたら・・・

スパムを捕らえた!


メーラーに設定してるあるシマンテックのNorton AntiSpam がトレンドマイクロからのメールをスパムと判断していた。

競合相手の会社からのメールはスパム・・・

これって仕様?

前のPCで使っていたウイルスバスターの契約期間が過ぎたので、更新案内のメールが来たのだった。

競合する両社が戦って、

  シマンテックがトレンドマイクロをやっつけた!

ということになる。ちょっと愉快だった。
その他トラックバック(0)  コメント(0)
2007'05.01.16:36

H20

化学嫌いの人は結構いるようだが、水の化学式がHOであることは誰でも知ってる。

先日河原で見かけた車。
H2O

ずばり、HOですよ。
「水」 でも「飲料水」 でもなく、 「WATER」 でもなくて、化学式。
O という表示を見ると、物質「水」を運んでいるように思える。きっと純度が高いのでしょう。
撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2007'05.01.12:10

シンプルに

テンプレートを変えた。シンプルに。

気分一新です。
その他トラックバック(0)  コメント(0)
2007'04.29.13:42

土手を散歩

新潟県三条市。

五十嵐川の土手を散歩した。
この辺り 地図 を川に沿って歩いた。

下流の北西方向には弥彦山。
五十嵐川から弥彦山を望む


上流の赤い橋(輸送管)の向こうに残雪の粟ヶ岳がちょっとだけ顔を出す。
赤い橋と粟ヶ岳


小さな神社を囲む木々。
神社


その傍らでは田植えの準備。田に水を張って平らにならしていた。
田植えの準備

田舎に来るとゆったりしますねぇ。
撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2007'04.09.14:03

0番線

京都駅の0番線ホーム。

烏丸中央口を入るとそこは0番線で、1番線ではなかった。隣は2番線だ。

調べてみたら京都駅に1番線はないことがわかった。

京都駅構内図

いままで何回か京都へ行ったけど初めて知った。
京都駅0番線

フリーソフト絵師のえそらごとで描画
Click image to Enlarge.
描くトラックバック(0)  コメント(0)
2007'04.02.18:05

紅白の垂れ桃

垂れ桃。

桜と同時に満開になった。

一本の木に紅白の花が咲いている。
垂れ桃
撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2007'04.02.17:53

桜と菜の花

桜が満開になった。(4月1日)

柳瀬川駅近くの河原には大勢の人がシートを広げて、暖かな陽の光を浴びていた。
桜

桜

この辺り↓
柳瀬川の桜1


下流へ行くと大きな古木があって、枝が土手に覆いかぶさっている。
桜

こちらはこの辺り↓
柳瀬川の桜2

菜の花も咲いている。春はいいね!
桜と菜の花

菜の花と桜


撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2007'03.22.10:53

妙にリアルな・・・河童!

河童だぁ!

妙にリアルで表情豊か。

東武東上線志木駅、北口にあります。
河童

撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2007'03.05.15:01

スタバとミモザアカシア、そして梅

志木駅前のスタバ。 入口に咲く梅の隣に黄色い花を咲かせている木があった。

調べてみたら 「ミモザアカシア」 というらしい。
ミモザアカシア

ミモザアカシア
小さな花が無数に集まっていて、とてもきれいだ。
突然の春風で梅の花びらが舞った。すっかり春ですねぇ。
スタバ・・・梅、ミモザアカシア

撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2007'02.23.16:05

三信ビル

日比谷の三信ビル。
日比谷シャンテ前から見る。
三信ビル
   (右下のおじさん! 力を落とさないで・・・ください。 うぅっ~)

古いビルが取り壊されて次々と新しいビルが建設されている有楽町近辺にあって、このビルも例外ではなかった。取り壊し計画が進んでいて、すでに中へは入れない。
三信ビル
いかにもレトロな感じがする外観だが、内部はさらにいい雰囲気らしい。残念ながら一度も入ったことがない。
第三者としては保存してほしいのだが、耐震性とか土地の有効活用などの面で難しいこともあるのだろう。

保存プロジェクトには具体的な保存案が提案されている。

有楽町日比谷地区のまちづくり提案 | 三信ビル保存プロジェクト


描くトラックバック(1)  コメント(0)
2007'02.18.15:43

お雛様

お雛様を飾った。
お雛様

何でもあり!
今年もにぎやかに並んだのです。
撮るトラックバック(0)  コメント(0)
 |TOPBack
Copyright © 北の部屋から. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。