--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'09.30.12:35

何のマーク?(2)

何のマークでしょう?
この下に会社名が・・・。
マーク

 ...READ MORE?
スポンサーサイト
楽しむトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.29.12:37

杉の大杉

四国の巨樹、その2。

瀬戸大橋が開通した年、日本一の大杉を見に行った。
デジカメのない時代。フィルムをCD-Rに焼いてもらった。
杉の大杉
2本寄り添うように立っていて、樹齢3,000年、高さ60mといわれる。かなりダメージを受けていて、手当がしてあった。今はどんな状態なのだろう。

高知県長岡郡大豊町杉 という場所にある。地名が 「」 だ。
最寄りの駅も、大杉だ(JR土讃線)。
杉の大杉
国土地理院の地図へのリンクはこちら

大杉駅。
大杉駅
ところが、この駅は2004年1月に、火事で焼失してしまった。今回調べてわかったのだが、とてもびっくりした。不審火らしい。駅名にふさわしい立派な駅だったのに・・・。

駅からは直線距離で500mあまり歩く。持っていた荷物を預けようとコインロッカーを探したがない。そこで駅員さんに一時預かりをやっているか尋ねたがやっていないという返事。

大杉を見るために遠方からやって来た旨話をしたら、その駅員さんが預かってくれるという。駅事務所に置いておくから手ぶらで行ってきたらいい、と。業務外だからもちろん無料で。

知らない土地で親切にされるとうれしいものだ。いまでもこの時の旅のエピソードとして忘れられない。荷物を持たずに軽装で大杉を見てくることが出来た。

そのときの駅員さん、ひょっとしたら駅長さん、ありがとうございました

過去記事:加茂の大楠(9月21日)

撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.28.08:28

針がいっぱい

駅のホームのインフォメーション設備。
上に針がいっぱい・・・剣山のように。
これは何?
Click image to Enlarge.
駅のインフォメーション

駅に確認したわけではないが、鳥害防止だと思われる。主に鳩対策だろう。このような設備はホームでよく見かけるが、針が生えているのは初めてだ。

それにしても、右側ポールの針の付け方がすごい。上向きだけではなく放射状に開いている!

でも、上面の清掃はやりにくいね、針がじゃまで。
撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.27.12:46

キンモクセイ(その3)

昨日からの雨もあって、キンモクセイの花が散っている。
地面をオレンジ色に染めた。
Click image to Enlarge.
キンモクセイ 9月27日

香りはないが、十字形の小さな花は散っても美しい。
キンモクセイ 9月27日


撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.27.10:41

マンホールの蓋

松本(長野県)へ行ったときに撮ったもの。
Click image to Enlarge.
松本てまり
『松本てまり』
なかなかいい彩り。ちょっとしたことだけど街の心遣いを感じさせて好感が持てる。
松本は伝統的な古い文化とモダンな感覚が融合した美しい街だ。
撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.26.16:45

横浜元町

横浜元町へは今までに何回か行ったことがある。先週、久しぶりに山下公園からJR石川町駅まで歩いてみた。
港町らしい雰囲気の店が多い。他では見かけないものがあったりして、ひとつひとつ見て歩いていると時間がいくらあっても足りない。
元町


しゃれた店が並ぶ。
元町


石川町駅に近い側の入口。
元町

最近の街はどこもミニ東京のようになってしまって、個性が失われているところが多い。横浜元町も昔に比べて 『港街のにおい』 が少なくなったが、まだ個性的である。

横浜というと、みなとみらい地区が人気のようだが、あちらは東京色に染まった横浜。本来の横浜を感じ取るためには元町がお薦めだ。近くには山下公園のほかに、港の見える丘公園や外国人墓地、中華街などもあって楽しめる。

リンクしてます。 アフィリエイトではありません。
横浜元町
撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.26.12:31

何のマーク?

こんなマークを見つけた。
マーク

何のマークか?
 ...READ MORE?
楽しむトラックバック(0)  コメント(4)
2006'09.25.16:02

駅へ近づく電車

夕方の駅。
電車が進入してくる。
絵かき
Virtual Painter で描画、Photoshop Elements で加工。
Click image to Enlarge.
電車
描くトラックバック(0)  コメント(2)
2006'09.25.11:01

鮭の顔って

新潟、寺泊で。
塩鮭がぶら下がっているが・・・その顔は・・・。
気の弱い人はクリックしないでください。こわ~いですから。
Click image to Enlarge.
鮭

新潟では年越しに鮭を食べる習慣がある。
頭の軟骨を使って 『氷頭なます』 を作ることもある。

あらためて見ると、鮭の顔って怖いですね。
撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.24.11:18

吹奏楽部

今日の『題名のない音楽会』、おもしろかった。

黛敏郎さんの時代、何度も渋谷公会堂へ通った。当時は会員?として登録されていて、申し込みしなくても招待ハガキが届いていた。だから常連さんがいた。彼らは入場待ちの行列の先頭に並んでステージ前を陣取っていた。今もたまに観覧希望の往復ハガキを出してみるが、いつもハズレの返信が届く。

黛さんが亡くなって番組のコンセプトが変わった。それまではクラシック音楽という柱がしっかりとしていて、黛さんの意気込みが感じられた。切り口がユニークで楽しめた。新しい題名のない音楽会は音楽のジャンルが広がって、つまらなくなった。ただ単に音楽は楽しいよ、といっているだけになった。それで番組をじっくり見ることが少なくなった。

今回は、指揮者の佐渡裕さんが高校の吹奏楽部を指導するという趣向だ。これはおもしろそうだと思い、テレビの音声をアンプをとおして、ちゃんとしたスピーカから出して聴いた。もちろんステレオだ。

私も中学の3年間、吹奏楽部にいた。マーチングバンドコンクール目指して夏休み返上で練習した一人。でもその演奏はひどいものだった。どこが悪いのかさえわからなかった。

そんなできの悪い吹奏楽部でも演奏を録音してほしいという依頼があった。地元で日韓親善高校バスケットボール大会があって、韓国の選手団が駅に到着したときに流す韓国の国歌だ。 当時の録音といえばカセット以前で、5インチのリール式。もちろんモノラル。

音楽室で録音したその音を聞いて、ホントがっかりした。よく国際問題にならなかったなぁと・・・(なんてことはないね)。でも、そのおかげで韓国の国歌はメロディだけなら歌えます。国歌というと勇ましい曲が多い中で、ゆったりとした、いい曲ですね。

閑話休題。

今日の題名のない音楽会、佐渡さんから指導を受ける前の演奏、ひどかったね。(出演高校のみなさん、ごめんなさい)

指導後の演奏は見違えるようだった。佐渡さんの指摘もなるほどと思わせるものばかり。すごいですね。

佐渡さんが新日フィルの定期にはじめて登場したときはびっくりした。その身振り手振りの大げさなこと。その後、何度も佐渡さんの演奏を聴いてすっかりファンになった。マーラー、いいですね。

我が家には「お宝」が何もないのだが、もしかしたらこれはお宝になるかも。佐渡さんが世界でさらに飛躍してくれれば。
佐渡さんのサイン色紙

佐渡さんのサイン色紙。

カザルスホールで、通称「日曜定期」といわれた新日フィルのコンサートがあった。通年チケットを買った人は、演奏者とともに年末とか新年のパーティに参加できた。そのときの抽選会で当たった賞品。たしかこの時、お子さんがお生まれになったというお話だった。

佐渡さんの今後のご活躍を期待しています。
楽しむトラックバック(0)  コメント(2)
2006'09.23.21:57

今日のキンモクセイ

今日、9月23日のキンモクセイ・・・9月20日の続編。

満開。花は色が濃くなって、わずかだが道に散っている。咲き始めからたった3日しか経っていないのに。

家を出ただけで、遠くからいい香りがしてくる。
キンモクセイ 9月23日

キンモクセイ

昼はそこそこの気温だけれど、夜になると空気がひんやりする。
秋ですね。
撮るトラックバック(0)  コメント(2)
2006'09.23.05:56

風神

尾形光琳の『風神雷神図屏風』の風神を刺繍で。
Click image to Enlarge.
風神

お遊びですが、それなりにいい味わいではないかと。
原画がいいからね。
描くトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.22.10:58

パプリカ

ひたすら真面目に?撮ったパプリカ。
Click image to Enlarge.写真
パプリカ

スーパーには赤、黄もあったが橙色を選んだ。橙色が一番栄養がある・・・という記憶があったので。
安売りで98円。

撮影の後、使いきれずに残っていたケッパー(付け汁も)と粉チーズをマヨネーズに混ぜて作ったオリジナルソース?をつけて食べた。

甘みがあって、とても美味しかった。
撮るトラックバック(0)  コメント(2)
2006'09.21.15:37

加茂の大楠

▼巨樹が好きで1988年、完成したばかりの瀬戸大橋を渡って加茂の大楠(クス)を見に行った。

▼場所は徳島県三好郡東みよし町。JR徳島線、阿波加茂駅の近くだ。
↓ 国土地理院の2万5千分1地図情報へリンクしています。
加茂の大楠
「あわかも」駅の北東に、地図記号(名所) 名所 と 加茂の大クス という文字が見える。

▼樹齢1,000年、高さ25m、枝の張りは東西50mにもなる。
枝葉の下に入ると空が緑で覆われて、その大きさが実感できる。

駅から歩いて向かう途中、視界が開けて遠くに大木が見えたときの感動は今でも覚えている。
あたりに大きな木や建物がないので、際だって目立つ。
”立地条件”がとてもいい。

▼当時の写真(プリント)をスキャナーで取り込んだ。
ホントはフィルムスキャナーがほしいのですが、お値段が・・・。

下はオマケ : Virtual Painter による描画です。
Click image to Enlarge.
加茂の大楠



描くトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.21.09:26

氷川丸を刺繍で


画像処理のフィルターで水彩や油絵などはよくあるが、「Virtual painter」の刺繍(ししゅう)はユニークだ。

横浜、山下公園の氷川丸を刺繍した
Click image to Enlarge.
氷川丸

細い糸で緻密な感じにもできる。太い糸で粗くすることも可能。

「カラー」というパラメータがあるのだがが、決められたとおりの色相の範囲内で彩度を変化させるといった感じ。細かな色の変化がつけられないのが残念だ。


描くトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.20.13:36

今年もキンモクセイが

今朝、駅前でキンモクセイのいい香りがした。
9月20日、キンモクセイ前線の通過だ。
駅前のキンモクセイ

まだ、花の色が薄いようだが、香りだけはしっかりとしている。
キンモクセイ
キンモクセイの遺伝子はどれも同じ。
クローンだ。
だから多少離れている木でも、温度などの環境条件がだいたい同じなら開花時期が一致して、一斉に花開く。

キンモクセイの花の時期は短い。例年雨が花を散らし、道がオレンジ色に染まる。
今年は長持ちしてほしい。
撮るトラックバック(0)  コメント(2)
2006'09.19.11:54

秋らしい秋

今日は台風一過、朝から秋らしい日の光がベランダに射し込んでいる。
kage.jpg

空も秋ヴァージョンに。
Click image to Enlarge.
akinosora.jpg
撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.19.08:48

レトロな自販機

横浜、元町商店街。
店頭にコカコーラの自動販売機があった。
レトロな雰囲気がいいですね。
コカ・コーラ自販機
のども渇いたし、コーラを買お~っと思って・・・。

でも・・・。
 ...READ MORE?
撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.18.13:30

フェーン現象

台風が日本海を進んでいる。
南風が日本海側へ抜け、フェーン現象が起きている。
気温アメダス13時
13時の気温:気象庁ホームページより
北陸地方は30度を越えている。
データをみると、34度のところもあるようだ。

その昔、新潟で経験したことがある。
急速に気温が上がって温かい風が吹く。風にあたっても、ちっとも涼しくない。夏に温風器を使っている感じかな。

乾いた強風が吹くので、火事にご注意ください、日本海側の皆様。
昭和30年、同様の気象条件下、新潟市は大火で市街地が全滅しています。
伝えるトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.18.12:40

危ない!? モニュメント

横浜、山下公園
山下公園
久しぶりに行ってみた。
以前よりも公園として整備されたという印象。
みなとみらい線ができて、アクセスがよくなった。

あっと驚くモニュメントがある。
山下公園

港の公園ということで、コンテナが使われている。
それが今にもバランスを崩して倒壊しそうに見える。

4つのコンテナのうち、両サイドのコンテナがしっかりと地面に固定されているから大丈夫・・・なのだろう、たぶん。

・・・お父さんと戯れる子供たち、傍で見守るお母さん。
見てる方も幸せな気分になりますね。
こんなシーンがいつでも見られる平和が続きますように。
撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.18.12:17

ドングリ 『その2』

ドングリの写真の一部を絵にした。
画家
Virtual Painter と Photoshop Elementsで作成。
Click image to Enlarge.
ドングリ

皆さんのブログで、うまい絵やカッコいいイラストを見ると、絵心のない私は本当にうらやましくなる。
そんなときソフトに頼り切って絵を描くわけです、ハイ。ジャンプ

描くトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.18.11:14

ドングリ

近くで拾ったドングリ
Click image to Enlarge.
ドングリ
秋ですね。
枝が付いていますが折ったのではありません、拾ったのです。ホント。
撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.17.09:58

まだかなぁ

横浜元町。
ある有名なお店の前。

店内にいるご主人様を待っている。

私が近づいてカメラを向けても無関心。

通りがかりの大勢の人に囲まれて、「かわいい!」 となでられた。
それでもおとなしく、ただただ待っているのです。
Click image to Enlarge.
I am a dog.
撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.16.07:51

大河津分水

▼大河津(おおこうづ)分水は、越後平野を流れる信濃川の水を、途中で日本海へ分流させるために造られたおよそ10㎞の長さの水路だ。新信濃川ともいう。

▼信州から流れてきた信濃川は長岡付近で山を抜け、越後平野に出る。穀倉地帯である越後平野は信濃川の洪水に悩まされてきた。江戸時代からの懸案であった分水が完成したのは大正11年。明治42年からの大工事だった。

▼国土地理院のサイトでは 2万5千分の1地図 が公開されている(試験公開)。緯度経度を指定してのリンクが許可されているので大河津分水にリンクしてみた。なお、画像へのリンクは禁止されている。
   大河津分水 ←クリックすると新しいウインドウが開きます。
上(北)へ向かうのが分水。右上(北東)へ向かう信濃川の方が狭いですね。ちょっと不思議。
大河津分水路可動堰という文字が見えます。ここで水量を調整しているのですね。

▼分水が日本海に注ぐ所にかかる「野積(のづみ)橋」から上流をみたところ。こんなに広い川を”掘った”のです。明治、大正時代に。すごいですねぇ。
Click image to Enlarge.
大河津分水

   野積橋 ←クリックすると新しいウインドウが開きます。

▼この橋を南に行けば、「魚のアメ横」で有名な寺泊。北は弥彦山方面。山へも登れるし、日本海沿いを走ることも出来る。良い眺めですよ。(脇見運転はいけません)
描くトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.15.13:53

オムレツ

オムレツを作った。

いろいろなオムレツを作ってきたけど、これは 「ネギオムレツ」。
ネギの薄切りと鶏ガラスープの素(顆粒)を入れる。
塩、コショウは普通のオムレツと同じ。

これがとてもうまい。
Click image to Enlarge.
オムレツ

基になった写真はこれ。
基の写真

オムレツの基本はプレーンオムレツですね。

ホテルの朝食などで卵料理が選べるときは、必ずプレーンオムレツにする。その場で作ってくれるときには、コックさんの技をじっと見る。

フライパンの柄を、とんとんとたたくと、あら不思議オムレツが裏返ってくる、あの技。

これがやりたくてオムレツを作っているのです。
最近ようやく裏返ってくるようになりました。
食べるトラックバック(0)  コメント(2)
2006'09.14.11:20

海棠(カイドウ)の実

雨ですねぇ。
庭の海棠の実が雨に濡れていた。
Click image to Enlarge.
海棠の実
5ミリくらいの大きさ。
花もきれいだけど、実もかわいくていいですね。
リンゴの仲間だそうです。
撮るトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.13.10:44

お地蔵様

散歩の途中で。

花や千羽鶴から、地元の人たちの 「思い」 が感じられる。
お地蔵様
撮るトラックバック(0)  コメント(2)
2006'09.12.11:27

下り電車

夕暮れ、下り電車が鉄橋を渡る。
下り電車

朝のラッシュとは違って
もの寂しさがあるけれど
帰宅先に
温かい家庭があれば
・・・幸せ
撮るトラックバック(0)  コメント(2)
2006'09.12.08:10

日本語クイズ

日本語に関するクイズです。
お楽しみください。

【問題1】
次の名詞に共通する動詞は?

  < 顔、腕、胸、肩、知恵 >・・・これでわかる?
さらに
  < 土地、名義、傘、力 >・・・もうわかりましたね。

答え:貸す← マウスで選択すると見えます。

【問題2】
同じ問題です。

  < チョコレート、座布団、ハンカチ、両手 >
  < 紹介状、煙草、辞表、名刺 >


答え:差し出す← マウスで選択すると見えます。

【問題3】
これも同様です。

  < 目、あご、腰、身 >
  < 斜線、カーテン、注意 >


答え:引く← マウスで選択すると見えます。

以上、この辞典からの引用です。
究極版 逆引き頭引き日本語辞典―名詞と動詞で引く17万文例 究極版 逆引き頭引き日本語辞典―名詞と動詞で引く17万文例
小内 一 (1997/10)
講談社
この商品の詳細を見る

350人の文筆家が実際に用いた、『名詞』と『動詞』の結びつき17万例をとりあげたという、たいへんユニークな辞典です。
英語ならcollocationというのでしょうか。
楽しむトラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.11.15:37

雑草ではない?

庭にひとりでに生えてきて、花が咲いた。
SONY DSC-R1 で撮影。写真家
Click image to Enlarge.(以下同様)
花虎の尾
ウェブで名前を調べたら、雑草ではないようだ。
どうやら
  花虎の尾(ハナトラノオ)
というらしい。
が何匹か見える。花の模様にとけ込んでいる。
擬態?

蟻の大きさから花の大きさがわかりますね。

左側、中ほどの花の を拡大↓
蟻

全体はこうなっています。
この形から 『虎 の尾』 なのかな?
花虎の尾

撮るトラックバック(0)  コメント(2)
 |TOPBack
Copyright © 北の部屋から. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。