--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'11.03.21:27

茶席

茶室に据えられたお道具一式。
お道具一式

Virtual Painter で写真を加工。
たまには心休まるひとときもいいものです。
ちなみに江戸千家。
スポンサーサイト
描くトラックバック(0)  コメント(6)
Next |  Back

鳩生

どうもです☆

なんかいいですねー!和みますね~☆
私お茶室(?)って行った事無いから行ってみたいもんです
でも苦いお茶飲めないから駄目かも。。。(?)
しかしその空間だけでもいて和みたいものです♪

2006/11/04(土) 09:50:17 | URL | [ 編集]

一(いっけん)

ほんというと、お茶をやってるのは家内の方で、私はカメラ専門で、一服いただくだけなんです。お手前はできません。

お茶は「茶」を味わうのももちろんなんですが、お菓子が目的の人もけっこういるようです。甘いお菓子を食べるからこそお茶の味が引き立つというものです。それに、お茶会で使うお茶はいいお茶なので苦みが少なくておいしいですよ。

作法なんてあまり気にする必要はありません。最低限を頭に入れて見よう見まねでOK。でかい顔して自己流でいいんです。お茶をいただく側は、「客」なんですから。

機会があったら気軽に楽しんだら良いと思います。

2006/11/04(土) 11:05:42 | URL | [ 編集]

鳩生

そうか!客なんだから堂々としてればいいんですね(違)
お菓子は結構甘いらしいですね
だからお茶が苦い説(これも違う)

2006/11/04(土) 13:08:58 | URL | [ 編集]

一(いっけん)

お菓子が甘いからお茶が苦い、うん、それも一理あると思う。

けど、お菓子を食べないでお茶だけ飲むほうが苦く感じることも確かです。

いずれにしてもお茶を口実にして季節の和菓子を楽しむ、というのが本音ではないのかな、お茶をやってる人の。(不謹慎だとクレームが来そうだけど)

2006/11/04(土) 15:39:20 | URL | [ 編集]

NorthWind

過去一回だけ茶室に入った記憶がありますが、詳細は忘れてしまいました。

茶室は独特の雰囲気がありますね。

2006/11/04(土) 18:19:11 | URL | [ 編集]

一(いっけん)

茶室に入ることなど年に1回あるかないかですが、なかなかいいものだといつも思います。

茶室って、庭もそうですが、現実の自然を濃縮して、エッセンスを取り出したような感じがします。北海道の自然とは対照的ですよね。

2006/11/05(日) 19:38:46 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 北の部屋から. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。