--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'09.11.09:00

2日間有効とは?

▼少し前のことになる。
7月、千駄ヶ谷の東京体育館で全日本実業団バドミントン選手権大会を観戦した。

▼準々決勝までは無料だったが、7月1日の準決勝と2日の決勝は有料だった。
ネットでチケットを買った。料金は800円。
そしてチケットには
 2日間有効
とあった。
Click image to Enlarge.
チケット

▼さて、この2日間有効とはどういう意味か?

  () 2日間とも有効 → 両日入場可
  () 2日間のうちどちらか → 1日だけ入場可

この表現では両方の意味に解釈できるのだ。

▼私はチケットの申し込み時から()だと思っていて()については思いもしなかった。
だから、まずは1日の準決勝を見ようと現地へ行った。入場の時、念のため明日もまたこのチケットを使うことになるのか?と聞いてみた。すると()の意味だから有効なのはこの日だけだという。びっくりした。
当日券代800円を払ってまで準決勝を見るつもりはなかったので、翌日出なおした。

他にもう一人、私と同様の人がいた。

重要な事柄は誤解を招かない表現で記載すべきだと私は思う。

たとえば
  いずれか1日のみ有効

のように!!!
日本バドミントン協会のみなさん、お願いしますよ~バドミントン

▼全日本クラスの試合なのに大きな体育館に観客は少なかった。
だから決勝は良い席で充分楽しめた。
Click image to Enlarge.
全日本実業団バドミントン選手権大会
スポンサーサイト
描くトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 北の部屋から. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。